変な駅 2017.9.18更新 前ページへ 表紙へ

(奥大井湖上 2016.8.21)


 鉄道模型のレイアウトで、実感的に作るのが意外と難しいのが駅です。
 実物をきちんと観察し、念入りに設計しないと不自然になります。
 
 でも、実物でも「何だこりゃ」と首をかしげたくなるような、変な駅があります。

 左写真の奥大井湖上駅は、ダムに架かる長大な鉄橋を渡った先にあります。しかも、鉄橋に併設された細い通路を通っていくのです。

 実物はモデルより奇なり。
 これは変だと思える駅を、いくつかご紹介します。
上越線・土合 (2015.12.13)

↑左端が旧通過線で今の本線。右が旧ホームです。


 上越線の土合駅は、「日本一のモグラ駅」として有名です。
 上りホームは地上にありますが、複線化により後から造られた下りホームは、長大な新清水トンネルの中にあります。
 地下鉄で地上が遠い駅は多々あれど、地上を走る鉄道でこれほど地上に出るのが大変な駅はありません。

 かつて、上越線は特急や急行がたくさん走る大幹線でした。
 でも上越新幹線開業後は地味な路線となり、特に県境の水上〜越後湯沢間は普通列車が1日5往復と、貨物列車が走るのみとなっています。

 下りホームは通過線を備えていましたが、優等列車の全滅した今は不要となり、ホームに面した副本線を撤去してそこに新ホームを作っています。
 昔は大勢の登山客で賑わった駅ですから、全体的にゆったりとした造りです。乗客のほとんどいない今は、過剰な設備となってしまいましたが。

↑こちらが本来のホーム。簡素な待合室があります。

↑旧ホームは幅が広く、長大です。かつての栄華が偲ばれます。


↑地上に出るための階段。これも幅が広いですね。


 下りホームから改札口に向かうには、この階段を上らなくてはなりません。
 実に、462段もあります。
 途中には、休憩のための木製ベンチもあるのがご愛嬌。

 ようやく上り終えた後にも、通路の先に24段の階段が待っていて、結構ハードです。

↑薄暗い階段はちょっと不気味。人影はほとんどありません。

↑ようやく階段終了。長かった。

↑広い通路の先にある改札口。ラッチの数も多く、大都市の駅みたいです。

↑とても立派な駅本屋。昔を賑わったのでしょうね。今では無人駅ですが。


↑駅前はご覧の通り。建物は廃屋。ほぼ、秘境駅です。

↑上りホームは地上にあります。以前は列車交換もできました。

大井川鐵道井川線・奥大井湖上 (2016.8.21)

↑ホームの先、鉄橋を渡った対岸の断崖を降りてくるのが駅前通りです。


 大井川鐵道井川線の奥大井湖上駅は、ダムに突き出した半島状の地形にあります。
 皆様もご存じの通り、ダム建設により水没した旧線を付け替えた際、観光用に設置された駅です。だから、駅周辺は全くの無人地帯。3方はダムで、その先は断崖です。まさに陸の孤島。

 駅へ行く車道はなく、2方向からの徒歩道があるのみです。
 1つはその半島の付け根部分から先端部へ至る道。
 もう1つはダム湖畔の県道から脇道へそれ、急坂を下りて隧道の上へ出て、そこから鉄橋に併設された狭い通路を渡っていく道です。

 私が使ったのは、後者の道。まず駅に着くまでが一苦労でした。登山道のような狭い道を下り、さらに急傾斜の階段を下ります。
 鉄橋上は水面からかなり高く、高所恐怖症の方にはお勧めできません。

 半島の先端部は狭いため、ホームのうち地上にあるのは一部で、大半は鉄橋上にあります。

 むろん無人駅ですが、一応は観光地ですので風情はありません。
 でも豊富な自然と雄大な地形、湖畔を取り巻く廃線跡を十分楽しめます。
 

↑県道から降りる脇道は、この看板が目印です。

↑手すりはあるものの、狭い山道です。

↑途中から急な階段に変わり、延々と続きます。

↑階段の真下に鉄橋が見えます。左側の通路を歩くわけです。

↑計画時は保守用通路だったそうで、狭くて結構怖い通路です。

↑列車が来ました。隧道上に今降りてきた階段が見えます。

↑ホーム反対側より下り列車を撮影。左下に旧線の鉄橋が見えます。

↑ホーム上は簡素な待合室のみ。

↑鐘の上の文字は「風の忘れもの」 恥ずかしけど観光地だから仕方ないか。

↑ホーム上からレールの残る旧線がよく見えます。正面にはガーダー橋があります。

↑千頭方の廃線跡。こんなに廃線跡がよく見える駅も、珍しいのでは。

↑ホーム裏の高台にはコテージ状の休憩所があります。

↑この部分のホームは鉄橋上にあります。

上へ
inserted by FC2 system